Hirotsugu

記事一覧(14)

西野JAPANの“パス回しの是非”を議論する前に、忘れてはならない3つのこと。

サッカーのロシアW杯でのGL最終戦の戦い方について、国内外から論争が巻き起こっています。これらの是非については、各々の価値観や利害に依るべきところなので、色んな意見が出て当然で正解・正論はありません。しかしその前に認識しておくべきことが少なくとも3点はあると考えています。まず、叩かれるとしたら“日本”ではなく“西野監督”個人であるべきということ。あくまで今回の方針を決めたのは監督であり、選手たちはそれに従っただけの話。批判の矢面に立つのは監督だけで良いのです。  2つ目は、誰の為に戦っているのか?ということ。ロシアなど欧州の評論家が「失望した」「決勝リーグでボコボコにやられてほしい」とこぞって批判的なコメントを出してますが、では日本が最後まで攻め尽くして結果敗退したら、果たして彼らは自国の出来事のように心底悔やんでくれるのでしょうか?恐らくNoでしょう。なぜなら、彼らの自国以外の試合での視点は、応援ではなく、どのようなプレーが生まれるか、試合が面白いかどうかであって、我々とは全く観点が異なるためです。つまり、自分達や国民の為に戦っている日本代表が彼らの話に耳を傾ける必要など全く無い。「世界のサッカー少年を失望させた」という話もありますが、勝手に大人が察して代弁することでもありません。3つ目は、西野監督は最恐のリスクを背負ってこれを実行したということです。カードを恐れず、勇敢に攻めて引き分けや勝ちを狙いにいくのもリスクですが、仮にこれで敗退しても「残念だったが最後まで勇敢に戦った」という評価が残ります。反面、今回のような施策の結果失敗したとしたら、世界中からはもちろん、国内からも批難が集中しますし、コロンビア戦の劇的勝利も忘れ去られるか、単なるマグレだったで片付けられてしまうでしょう。過去の栄光も消し去られるほどのリスクを負ったわけですから、守り=逃げたと評することはお門違い、というわけです。 
ただ、このリスクについては、今回だけで消えることはありません。次戦はもちろん、今後の国際試合でも敗北が続くようであれば「サッカーを欺いた報い」「サッカーの神様に見放された」と批判されることは必至。しばらく日本代表は重い十字架を背負って戦っていかなければなりません。どうか次戦は勝利、もしくはそれに等しいような戦い方をして、今回の議論に終止符を打って欲しいものですね。

R不動産という働き方②「自分には武器が無い?」

前回の記事はこちら福岡R不動産を運営する株式会社DMXのサイトを見ると、随時営業スタッフを募集している模様。早速、応募しようと思いましたが、重大なことに気が付きました。自分には全く武器が無いことを。営業経験はあるものの、不動産は全くの皆無。文章を書くのは好きだけど、書き溜めたブログなどの実績もないし、福岡にコネクションも殆どナシ。R不動産では業界未経験の方が独自の発想をするので歓迎しているというスタンスらしく、本の中では元ダンサーなどユニークな職歴の方も登場していましたが、自分にはそこまでのインパクトはありません。 強いて言えば、”R不動産が好き"ということしかありませんでした。となると、正攻法で応募しても100%落とされる。 最低限の武器とやる気を見せることが重要と思い、まず宅建を取得することに決意し、年末になんとか合格しました。あとはSNS等を使ってアピールし、無事採用を頂くことができ、2013年から不動産業の第一歩を踏めることになりました。 加入後は、写真の撮り方、コラムの書き方や、不動産のルール・業務などイチから教えて頂きましたが、独特なのは、先輩スタッフも皆、完全出来高制なので自分に仕事を教えても1円も入ってこないこと。完全に損得感情無し、R不動産を一緒に盛り上げたいという想いだけで指導してくださるのです。その後、自分に後輩ができた時も当然同じような気持ちになり、このカルチャーが脈々と受け継がれているのがR不動産。これは固定給が貰える一般企業には無い、本当に素晴らしい文化だと思います。 先述のようにコネが無いので、最初にやることと言えば、面白い物件を自分で見つけてきて、現場で写真を撮ってコラムを書き、サイトにUPする。これを延々と繰り返すわけですが、前から憧れていた、自分の撮った写真や書いたコラムが公開され多くの人に見られるということがとにかく嬉しくて、しょっちゅう自転車で走り回ってました。それまでの仕事とはまるで違い刺激的でした。 そう、こうやって現場で物件を見て、五感で感じたことをコラムで自分なりに表現するということは、とても手間と時間がかかりますが本当に重要なことだと思います。物件の選定段階で、情報や写真、googleストリートビューなどである程度の情報は把握できるのですが、やっぱり現地で見ると必ずといっていいほど新しい気付きがあるのです。 では、コラムでどんな感じで表現するのか?下記は一例です。良いか悪いかは別として(笑)、自分が昔書いたコラムを紹介したいと思います。 「天地逆転のいざない」時に人は異性のギャップに心惹かれるといいますが、部屋に関しても同じなのでしょうか。 通りで強烈に存在感を放つシマウマみたいなビルからは到底想像つかない、青空をひっくり返したような爽やかなお部屋。 床に使う色にしては一般的ではありませんが、もともと見慣れている色だけに、奇抜な部屋を見たときに「うっ!」と引いてしまうような不自然さが全くありません。 さらにここが角地の角部屋である点も見逃せない。清々しい床に明るい光と風。バルコニーもL字で、空を翔ける鳥のように、と言ったら大袈裟ですが、都会の中にしては自由を感じれる空間です。 といいつつも、どの物件にも必ずあるアテンションはこちらも例外ではなく。珍しくバスタブがなくシャワールームになっている点は、温泉行った時ぐらいしか浴槽に入らない、「カラスの行水」派の人向けになります。最後に、水色というのは心理的に「冷静」「知的」「優しさ」をイメージさせるのだそう。是非外観と室内のギャップに倣って、魅惑的になりたい方にお薦めしたい物件です。 こうしてとにかく自分の物件ストックを増やすことで、徐々にですが、問い合わせも増えていき、少しずつですが契約も取れるようになってきました。 続く。

コワーキングのリサーチで再認識させられた、不動産安定収益の為のキーワード

とある一棟ビルの収益拡大の為の企画のお声がけを頂き、現在、市場調査をしていますが、その中でコワーキングスペースでの活用について色々考えています。コワーキングのメリットは沢山あるのですが、デメリットも沢山あり、色々悩むところです。以下、殴り書きですが、<メリット>フリーデスクで1〜3万程度。オフィスを借りる必要がない。イニシャルがかからない。会議室が使えるので来客対応もできる(オプション)プリンターなどの機器が使用できる。掃除をする必要がない光熱費なども気にすることないコミュニティの活用。出会いが仕事へつながる可能性がある一等地にあり、アクセスが抜群アドレスが使える。法人登記も可(オプション)電話応対なども対応可。(オプション)<デメリット>賃貸よりは安いとは言え、無料で使えるスペース(福岡でいえば、スタートアップカフェ、さくらインターネットさんやペンシルさんの一般開放スペース)があることを考えると、高い。とも。たまに使用する程度であればカフェを使用すればいいので、利用頻度低い人には向かない。(ドロップインのプランがあるが、カフェよりは割高)基本、静かなので電話がしずらい(一部施設ではフォンブースがあるが)共用である以上、情報・モノのセキュリティに懸念がある。(トイレなど行く際に、デスクにPC等を置いて離れづらい等)こんなところでしょうか。結論、業種・用途・頻度によりけりといったところですが、少なくとも我々不動産業には向かないとも思われます。以上。で、終わってはいけないんですね。スタートアップに力を入れている福岡ではここ3年ぐらいでコワーキングがどっと増えた印象ですが、これからは空席、供給過多になる可能性も十分ありえます。ということは、既存も新規も、何かしら特色を出していかないと生き残れないということです。例えば、今、コワーキングは天神・博多で群雄割拠の中、今宿の海が一望できるSALTを運営する福岡移住計画さんなんかは非常に上手いやり方をされているなと思います。事実、フロア拡張しても満席のようです。ロケーションだけでなくもっと沢山工夫されているのですけれど。そこで、新たな企画を打つために色々考えていかなくてはならないのですが、やっぱり行き着く結論はいつもこれです。「特色を出すには金がかかる」不動産にかかわらず、なんでもそうなんですけどね。でも金があれば苦労はしません。金をかけたくないなら、手間と愛情をかける必要があります。そのためのキーワードの1つが、メリットにもあった「コミュニティ」です。良いコミュニティができれば、それ自体がブランド可する。もちろん時間はかかります。でもコツコツとそれを実践して、安定した収益化へとつなげているオーナーさんを何人も知っています。じゃあいつもいつも、居住者間の飲み会やイベントを開いて交流を活性化すればいいのか?それも一つの手段ですけど、それだけではダメです。長続きしません。"良いコミュニティを継続させるための仕組み作り"これが一番大事ですし、今後の不動産活用におけるひとつの重要なキーワードになってくると思います。

1ミリの気遣い

とあるビルのエレベーターに乗った時の話。 途中でエレベーターが止まり、途中階から2名の女性が乗ってきました。美容室のスタッフがお客さんを、1階のビルの出口までお見送りするところのようでしたが、このスタッフの対応に、いささかの不快感を覚えたのです。 簡単に言えば、とにかくお客さんのお見送り最優先、といった印象。 そのスタッフはお客さんしか見えていないわけです。お客さんを降ろして、自分(スタッフ)も降りて、誘導して。まるで最初から乗っていた人のことなど存在すら感じていないようでした。 
お手本でいえば、開ボタンを押してお客さんと他の同乗者を先に下ろして、自分が降りる。小走りでお客さんのところへ向かい、お見送りする。でしょうか。でも自分はそこまでは求めません。(ご協力ありがとうございます)なのか、(先にすみません)なのか、どちらでも良いのだけど、こちらに一礼するだけでいいのです。 1ミリだけの気遣い。それができるかできないかで、本当に天と地の差があると思います。 同じようなことがタクシーの運転手にも言えます。
乗客最優先で、割り込みや急停止も辞さない。横断歩道上に停車。周りの歩行者や車など知ったことではないと言わんばかりの運転をする人が非常に気になります。これらはものすごく些細な話で、そんなことを気にするのかと思う人もいると思います。

ただ、目の前の人だけでなくその周りの人にも気を使えるかで、人間としての力量が問われるのではないでしょうか。人の振り見て我が振り直せ。 これを強く実感した出来事でした。

起業した理由①「キレイゴトの実証」

起業した理由は、沢山あります。恐らく全てを挙げたら一冊の本ができると思います。では、一番の理由はなんだろう?それを設立以来、考えてきて、最近やっと頭の中で整理できてきました。➖環境要因の排除会社員時代、例えば、何かうまくいかないことが起きた時に、ついつい自分の実力以外の部分にフォーカスしてその要因を探してしまう時があります。「要因」といえば格好が良いですが、つまりは言い訳。「このマインドは良くないな」と永らく思ってきました。ならば、その要因を外したらどうなのか?つまり言い訳をできない状況に自分を追い込んだらどうなるか?それをずっと自分で知りたかった、これが一番の理由です。例を挙げるとすると、「この顧客、この取引先とは、時間をかけてじっくりと関係を築いていきたい」と自分が思ったとします。しかし社の方針や戦略が変わると、「もうそこはいい。次に行け」という指示が途中で降りてくることがあります。もちろん、企業である以上、短期的に利益を追求しないといけない事もあり、自分も給料を貰っている以上、仕方のないことだと思います。しかし自分自身でこの判断ができないのは、仕事をする上で辛いことでした。「それぞれのお客さんに対しての営業スタイルは、自分で決めさせてくれ。その代り自分で責任を持つ」これを体現したかった。その為には、安定収入なんて要らない、とさえ思っていました。➖評価・報酬ファーストではなく、顧客ファーストもう一つ。会社に属する以上、どうしても付いてくるものがあります。それは競争・評価・報酬です。これは仕事をするモチベーションとして大事なことですが、ある一面においては、関係のないことでもあります。ある一面とは、顧客目線です。顧客に提供するサービスそのものに、それらは何も関係ありません。顧客の目線は基本的に、支払う対価に見合ったものを提供してくれるのか?に尽きます。(無論、自分の担当営業マンが昇進したら喜んでくれる顧客もいるでしょうが、それはサービスそのものとはまた別の話です)「社内で表彰される」「ボーナスをいくら貰う」「出世する」を目標とするのは素晴らしいこと。ただこれらは仕事の成果としてついてくるものです。会社員である以上は、これらの意識を頭の中から100%排除することは難しい。であれば、そこから抜け出して、限りなく無垢な状態で仕事に取り組む、その手段が、起業でした。そんなのは綺麗事だという人も居ると思います。昔の自分が読んだら、同様の感想を持つでしょう。でも、これを実証してみたかったというのが本音です。正直、起業でも100%しがらみを取っ払うことは難しいです。固定費・返済、社員がいれば教育、外部株主がいれば株主の意向に沿わないといけないこともあるでしょう。ただ会社員と異なるのは、裁量がほぼ全て自分にあるので、それらを効率的・最小限に留めることは可能です。2017年夏に宅建業免許を取得し、「R不動産」という大きな看板から自分の看板で、100%自分の責任という"完全独立"となりましたが、まだまだ規模もスキルもまだまだではあるものの、今のところ対顧客という面では、理想していた方向から逸れずに仕事ができていると自負しています。これを突き詰めたら、どこに行くのか?今の自分にとって、最も興味があるのは、そこかも知れません。